News

第一回せんねんミーティング(佐々木有希さん)

2021.11.2

 

「宮古は日ごとにキレイになっている!」の発起人(管理人)、佐々木有希さんのせんねんミーティンングが行われました。

 

 

佐々木さんは、活動の目的として、

宮古島のポイ捨てゴミの現状は深刻です。

ポイ捨てゴミを見て見ぬふりができる心が一番の問題。

子どもたちには、問題から目を背けず、真っ直ぐに取り組む大人の姿を見せたいです。

多くの皆さんに「本当の豊かさ」を感じる心を取り戻してほしいと説明。

 

最近の活動としては、「宮古島市のポイ捨てゴミをゼロに」を目標に、「ゴミゼロ大作戦」を展開し、32名の参加者とともに、1週間ポイ捨てゴミ拾いを行ったそうです(*^▽^*)!

いつも通る道であるにもかかわらず、草むらから次々と運び出されたゴミの写真に、その場にいた全員が、一同に驚くほど(>_<)

佐々木さん曰く、「この道は特にゴミが多かった道ですが、宮古島にはゴミの落ちていない場所はないと言ってもいいほど、各地にたくさんのゴミが落ちています。」とのこと。

宮古島の深刻な現状を教えて頂きました。。。

 

また、佐々木さんがこれから取り組んでいきたいアクションとして、学校や自治会などに問題提起をし、一緒に考える場を設けたり、

各自治体・学校などと一緒に行うゴミ拾い、さらには、「宮古島市一斉ゴミ拾いイベント」も計画されているそうです(^_-)-☆

 

せんねんミーティンングとは

より良い宮古島市に向かうための未来のアイディアについて考える日。持続可能な宮古島市を実現するためには「実行する」ことも必要です。来年2月に開催される「千年祭」にて市民による新アクションアイディアが発表されます。その新アクションアイディアを、ご視聴頂く皆さんと一緒に当日まで練り上げていく時間、それが「せんねんミーティンング」です。

 

千年祭とは

「持続可能な宮古島市」という考え方やアクションを起こそうとしている市民がいることを市内外に広く発信し、市民の協力や積極的な参加を呼び掛ける日。

 

ちなみに今回のせんねんミーティンングは、市街地型エコハウスで行われ、

クーラーをつけなくても、気持ちのよい風が通り抜け、とても快適でした!!

(宿泊もできるようなので、ご興味のある方はぜひ)

 

佐々木さんが取り組まれてきた今までの活動がより確かな形となって、

今まで以上に多くの方に届き、想いが共感され、広がっていく・・・。

豊かな島づくりには、まずは「心の豊かさ」からですね。

それを痛感した貴重な時間となりました。

佐々木さん、事務局の皆さん、取材にご対応頂き、ありがとうございました!